スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chinese Paper Tree|1

先日、面白い花を発見しました。黄色いくす玉のようなものがたくさん枝についていたのです。

ChinesePaperTree1

近くに行ってそのくす玉をよく見てみたら、とても小さな黄色い花がくす玉のように丸くなって咲いていました。

ChinesePaperTree2

”Chinese Paper Tree”というのが、この黄色い花の咲く木の名前だそうです。

ChinesePaperTree3

撮影日:2009年4月7日(火)
カメラ:Nikon D70s
レンズ:55-200mm

COMMENTS

ミツマタ

これはミツマタって言う木だよ。日本和紙の原料となる木でこの木の繊維を煮たりすいたりして紙が作られる。花は日本のものよりすっきりして綺麗だね。色、形の基本は同じだけどね。日本では梅が咲く頃満開になるけど、そちらは少し遅いようだね。丸くてぼんぼりのよう。ローズガーデンの売店近くのバス停の所にもあったよ。

No title

ミツマタの大様だね、どうしてこんなに大きくなるのかな?人口密度じゃなくて植物密度が違うから伸び伸びと思いっきり大きくなるんだね。
とっても良い感じです。かわいいね。そちらでは此れこのままで終わりにするのかな?日本だと和紙の原料になるのにね、もったいないね。

CHIBIさんへ

たぶんこのミツマタの木は、CHIBIさんが見たものと同じものだと思います。花が日本のものよりすっきりしているそうですが、この写真のミツマタは英語で”Chinese Paper Tree”と言うそうなので、きっと中国産のミツマタの花はこういう花なのでしょう。ところで、英語でもちゃんと名前にPaper Treeとなっているのが面白いですね。

mibokofさんへ

これがミツマタの木の花だったとは、知りませんでした…。こちらでは、和紙の原料として利用することはないと思いますが…。おそらく観賞用だと思います…。色も形も可愛い花ですね。しばらく見とれて写真を撮りまくっていました…。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。